FC2ブログ
6月9日の16時30分ごろ、愛犬が天国に旅立ちました。

 aiken_1

心臓が弱い子だったのですが、薬を飲みながら16年10ヶ月頑張りました。
最近は息苦しそうな姿も増えていたり、
ここ数年は激しい運動はできなかったのですが、
きっと今頃は向こうで新しいお友達と一緒に元気に駆け回っているのかなと。

このブログの前身になるサイト(ネットでの活動)を
初めてから丁度2か月後に我が家にやってきて、
それから16年という長くて短い間、色々なことがありました。
気が付けば、私はネットでこうしてのらりくらりと16年を過ごしてきましたが、
愛犬は16年と10ヶ月という、長くて短い生涯を一生懸命生きたと思います。

16年間、本当にありがとう。 いつかまた会おうね!!

aiken_2

aiken_3

aiken_4

aiken_5


以下は詳細と、
今まで愛犬の話題や写真にご反応頂いた方々へのご報告を兼ねた記事です。


スポンサーサイト



2016.06.16 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年も、いよいよ大晦日になりました。

 

今年も1年間、投稿絵をご覧になってくださったり、
ブクマやコメントなどで構って下さった皆様、どうもありがとうございました!
いつもお声をかけてくださったり、同じジャンルを描き続けていらっしゃる
絵描きのみなさんがいらっしゃったということは本当に大きかったですし、
私にとってはやはり居心地がいい場所なんだなと、投稿絵をまとめつつ毎度そう思います(笑)。
来年もまた、脳内で元気に走り回っているプリキュアっ子やオリキュアっ子たちを
たくさん表に出してあげられればなと思っております(´∀`*) 

今回の投稿で、今年は描き納めになります。
今年も1年間構って下さった皆様、どうもありがとうございました!
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ(^^)

この後は、そばを食べつつ紅白観ながら年越ししようかと(笑)。
あ、年越し蕎麦を頂く際には、ぜひとも「そば処はるみ」でどうぞ(´∀`*)


2013.12.31 Tue l プリキュア l コメント (0) トラックバック (0) l top
しました。
いや、今日書くつもりだった記事ではなくて、
溜まっていたブログ記事を、一気に更新しました/(^o^)\

とりあえず、29件ほど(この記事で30件)纏めて一気に。
♪今年のブログ、今年のうっち〜にっ♪(´∀`*)
(↑もはやブログという意味を解っていない人の発言)
たまにみくしの日記で書いていた記事のいくつかを、
こちらにも載せようとも思っていたのですが、
pixivに投稿したイラストだけでも結構な数があったので、
(今年も、毎月欠かさず最低でも1枚は描くようにしてました)
あとでこっそり追記するかもしれませんが、とりあえずは更新した分という感じで(笑)。

私のサイトやブログに足を運んでくださる方は、
みなさんpixivもご覧になっている方々だと思いますので、
投稿絵のアレコレを載せてもpixivを観れば解る訳ですが(笑)、
ブログにもメモをしておけば、個人的な備忘録にもなるかなと(´∀`*)

最近、オリキュア関係の投稿絵が増えてきたので、
設定などなどオリジナルなだけに、記事を纏めておけるのは便利ですね(笑)。


2013.12.30 Mon l 思ったコト。 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今年も、オリキュア関連の投稿をたくさんさせて頂いた一年でした。
そんな今年もこれが最後の描き収めということで、
折角ですから去年と同じ様に、今年も最後のオリキュア投稿は、
おてプリに関する逸話(ネタバレ(?))をまたひとつ公表してみようと思います(笑)。

 

ということで、前髪で“片目を隠していない”しずくです。
雨夜しずくというキャラクターは、ほぼ終始に渡り前髪で片目を隠しているのですが、
本編の最終回(または、終盤のラスト数話)にて前髪をかきあげて、
今までずっと隠していた片目を出します。
おてプリ最終回のエピローグのシーンは(1年後の)卒業式の予定なので、
こんな感じのイメージかな~…というのが、今回の投稿絵です(笑)。

そして、彼女が頑なに片目を隠していた理由ですが、
(ひなたは去年の投稿の通りに、カチューシャが大きなネタバレでしたが、)
(しずくの場合は、この髪型に関することが大きなネタバレになるのかなと(笑))
「前髪の下には、既に片目が無かった…」とか、
「隠していた片目を出すと、抑えていたチカラが解放される…」とか、
そんなものすごいことではなくて(しっかり片目もあります(笑))、以下の理由でした。

まず、しずくを発表した時の設定画の
キャプション(の一部)には、こんなことを記載していました。

ただし、強気に見せる態度は自分自身の弱さの裏返し。
自分の悩みを話せる親友がいないこともあって、夜に部屋でひとり涙を流すこともある。
お喋りな性格の為、決して話し相手になってくれる友人が居ない訳では無いが、)
(本当の意味での友人(親友)がいない。それはしずくだけではないものだが、)
(彼女は寂しさのあまり常にそれを内心で強く意識してしまっている)
(敵側に彼女の精神的な弱みをつかれてしまう展開があるかも。
片方の目を髪で隠している理由は(ラストまでは一切語らず)不明。
変身前、変身後共に隠したままの設定。 

…ということで、普段はそんな姿を見せていない彼女ですが、
内心ではそんなことを常に強く意識していました(精神的に弱いです)。
というのが、ひなたとおてプリになる前(本編の開始直後や序盤まで)の彼女。

彼女は、「今、自分がいる“ここ”を両目で観たくなかった」。
「観たくなかった」というか
「どちらの目でも観てしまったら、それが現実として認めてしまう」という、
彼女なりの(他人では理解し難い、自分が思い込んでいる)考えがあったのです。
「片目で観る“ここ”と、もう片方(隠している)で観る“ここ”は、また違うかもしれない…」
「隠しておいた片目で“ここ”を観てしまったら、どちらも“ここ”になってしまう…」
という感じですかね。
そんな感じなんですけども、私の説明が下手でスミマセン(笑)。

そして、ひなたに出会い、
共におてプリとして、キュアレイニーという存在になった彼女。
先代であるみずき姉さんとの出会い、
個性的な同級生たちと共に色々な経験をしていくうちに、
彼女の内面も少しずつ変わって(成長して)いく。
そんな彼女の中にある気持ちに対して、何か決定的なことがあった時、
彼女は「今まで両目で観たくなかった“ここ”を、両目で観ていたく」なります。
そう、決して止まない雨も、明けない夜も無いから…ね(´∀`*)
(それを照らしてあげるおひさまが、ひなたということですね。ひなしずひなしず(´∀`*)

…とまぁ、彼女が頑なに片目を隠していた理由は、そんな理由でした(笑)。
こういうアレコレは、ネタバレにネタバレが重なっていたりしますしね(笑)。
そのあたりはまた今度の機会にでも(笑)。
番外編などの後日談があったりする場合は、この姿で現れるかもしれません。
(見慣れてることもありますし、あえて前髪で片目を隠した姿で現れるかもですが(笑))

随分と長くなってしまいましたが、
こういう裏設定(?)みたいなもので、
よりおてプリのイメージが膨らんで頂けたら嬉しく思います(´∀`*)    

後程、毎年お馴染みの「まとめ」を投稿させて頂いて、
今年の投稿を締めようと思います(^^)


2013.12.29 Sun l オリジナルプリキュア l コメント (0) トラックバック (0) l top
いつも隣にいた親友は、プリキュアだった。

彼女が背負っている大きな運命に気付いてしまっても、
私にはどうすることもできなかった。
ただただ、私ができることは彼女と…親友と一緒にいることだった。

親友は、戦いに勝った。街は平穏を取り戻した。
一体何があったのか、そう、誰にも気付かれずに。
全てが終って暫く経った後、この街を危機から救った親友は街から消えてしまう。
失踪した原因を悟った彼女は、いつかまた再会できる時のために、
今まで頼ってきた大切な人の力を借りず、自らの力で生きていくことを誓う。

あれから幾年か過ぎ、思い出の母校に務める教師になった彼女であったが、
ある日、教え子たちが話す「プリキュア」という名を耳にする…。

 

…ということで(?)、お天気プリキュア、ひなたと、しずくたち、
青空市立青空中学校2年1組のクラス担任である先生のイメージ画です(´∀`*)

みずきとは当時、同じ中学校の同級生で親友(だった)。
当時、プリキュアの正体がみずきということを知っていた人物で、
変身できない(プリキュアではない)一般人でありながら、
プリキュアとしてのパートナーの様に、時に親友としてみずきを支えていた。
(自分が自分でいられるように、みずきに支えられていたというのが本当のところかも)
先代の戦いが終わり、その後忽然と姿を消してしまったみずきを探すも、
彼女の姿は一向に見つからない。そのうちに、姿を消した理由を彼女なりに悟る。
そんな彼女がいなくなったこの街で、一人前を向いて歩きだし、教師になった。
それから十数年の時が流れ、彼女が受け持つクラスに“プリキュア”たちが姿を現す。
そして、“彼女”は再びこの街に…。

ひなたやしずくたちにとっては、
クラス担任でもあり、みずきと共に母校のOGにもなります。
(そういえば、みずき姉さんがひなしずと同じ学校だったことを
(公表するのも今回が初めてでした(笑))
ちなみに、“失踪”していたみずき姉さんは、
ご想像通りにひなしずが変身する前には戻ってきています。
(ひなたに髪飾りを手渡して暫くの後にいなくなった…のかな?←)

設定が左側が大人(おてプリ時代)、右側が中学生(先代時代)のイメージですが、
当時のイメージを用意したのは、先代タイトルや回想シーンのためだけでなく、
もしかしたら、本編でもラスボスの魔力がアレコレ(ありがち)で、
中学生の姿されてしまうとか、そんなことがあるかもないかも(笑)。
その辺は、また投稿絵にて追々(´∀`*)

こうしてまた、みずき姉さん(先代おてプリ)周りも明らかになってきた感じですね。
みずき姉さんの先代おてプリの設定が出来た頃から、
こういう設定は脳内にあったのですが、
毎度ながら発表するキッカケがなかなかなかったのですよ(笑)。
とにもかくにも、今年中に発表できてよかったです(笑)。

先代おてプリが絡む要素は、なんとなくシリアスになってきていますが、
反面、おてプリの本編は、いつも通りのごきげんな展開にするつもりです(笑)。
「みずき姉さんが現役だったころ、なんかシリアスなことがあったみたいだけど…」
「とにもかくにも色々あって、この街の笑顔を取り戻しましたとさ、めでたしめでたし」
みたいな事だけ知っていればいい感じで(笑)、
時間軸や経緯を詳しく知りたくなったり、
掘り下げたくなったりしたら先代のタイトルを観て頂ければ…
みたいなのがいいなぁと思ってます(笑)。

余談ですが、みずき姉さんの“本名”を付けた時に、
候補にあったのが「みずき」と「美穂」でした。
「あざらし美ちゃん」なので、「美」にあたる部分を
漢字にするかひらがなにするか迷った訳です(笑)。
そんな逸話もありますし、折角なので、今回その名前を使うことになりました。

そうそう、お互いの名前が同じイニシャルというのも、また色々と…(´∀`*)


2013.12.25 Wed l オリジナルプリキュア l コメント (0) トラックバック (0) l top
半年くらい前に、某企画で(即興で)数枚描かせて頂いたくるみさまです(´∀`*)

 

ついったでの企画でらくがきしたくるみさま&ミルキィローズですが、
本来ならば、もっとたくさん描かなければいけなかったんですけども(笑)。
いつも拝見させて頂いている絵描きさんはもちろん、
普段あまり絵を描かない方が描かれたプリキュア絵を拝見できたりと、
なかなか面白い企画だったと思います(笑)。

お約束(?)の枚数のカウントはなんだか恥ずかしいので
まとめとしてpixivに載せる際に消しておきました(´・ω・`)(笑)


2013.12.24 Tue l プリキュア l コメント (0) トラックバック (0) l top
オリキュアさんからお食事に来て頂いたり、敵さんからの襲撃で見事に破壊されたりと、
みなさまには毎度たいへんお世話になっております、
おてプリひなたの蕎麦屋でございます(´∀`*)

そんな蕎麦屋については、
色々な場のオリキュア雑談では何度か話したりしてはいたのですが、
お店の名前などを正式に公表していなかったので、
外観イメージと一緒に発表させて頂こうかと(笑)。
(ひなたが蕎麦屋の娘という設定を出してから、はや2年半ほど経ってますが…ゲフン!!)

 

蕎麦屋の名前は、 「そば処 はるみ」 です。

ひなたの苗字を、そのままストレートに店名にしました。
家族でやっているお店なのと、こういう名前の方が解り易くていいかなと(笑)。
発表ついでに、正面だけですが外観のイメージを描いてみました。
お店の雰囲気が解る程度ですが、もしもご来店頂ける際にはご参考までに。

1階がお店、2階は住居になっています(この建物に住んでいます)。
(正面のイメージなので、奥に広がってます)
(客席を描いた投稿絵も奥(横から)のイメージです)
外観の照明は、吊り下げ式という話を(一部で)したこともあったのですが、
天井に組み込ませることにしました(なので、今回は描いてません)。

入口の隣にある窓ですが、お食事のメニューを簡易的なものにした
お弁当(お持ち帰り用)を外から直接買えるようになってます。
手前にある席はお弁当の出来上がりや店内混雑時にお待ち頂いたりできますが、
まれに悪質なお客様によるおいたが過ぎた場合に放つ店員の必殺技(跳び蹴り)により、
入口の扉が外れる場合がございますので、巻き添えにはご注意ください。←

レジの近くにはそば菓子や飴などもございますので、食後のお供やお土産にどうぞ。
もちろん、入店の際にお買い上げ頂いて店内でお召し上がり頂いても構いません(´∀`*)
なお、まれに店員の同級生が客席に集まっていたり(多分、宿題とか)する際に、
お客様のお食事を強請ったりすることがございますので、どうぞご注意ください。←

店内(客席)のイメージは、以前の投稿絵をどうぞ。
そのほか、たくさんのオリキュアさんにご来店頂いているので、
pixivにて「お天気プリキュア」、「そば処はるみ」のタグで検索して頂くと、
当店が舞台になっている(店内の描写がある)投稿絵がいくつか出てきます。
そちらも合わせて(むしろそっちの方が解り易いくらいです(笑))ご参考にどうぞ。

だいぶ前から描き始めていたのですが、作業の途中で別の投稿絵を描いたりと、
建物メインだけに時間が掛かってしまいましたが、今年中に完成できてよかったです(笑)。
たくさんのオリキュアさん方々よりのお食事、作者ともどもお待ちしております。

なんとなくお蕎麦の気分の際には、何度でもいらっさってください(´∀`*)(笑)


2013.12.15 Sun l オリジナルプリキュア l コメント (0) トラックバック (0) l top